自然と共に眠る樹木葬

樹木葬は、行政の許可を取った霊園や墓地に遺骨を埋葬する葬送で、自然葬の一つです。


日本のお墓は家ごとに管理されており、継承者がいる事が前提となっていますが、近年、核家族化や独身者の増加に伴い継承者のいない遺骨が増えて来ています。



そうした時代背景から自然葬という葬送が広まりました。



樹木葬は1999年から採用され始めた葬送で、家や宗教に縛られず自然の中で眠りたいと言う人の支持を集めています。

OKWave情報サイトを使用する機会が増えています。

また、墓石と違い非常に安価な事も選ばれる要因の一つです。

樹木葬は遺骨を埋葬するたびに新しい苗木を一本植えるケースや、墓地の中央にシンボルとなる樹木を植えその周辺に遺骨を埋葬するケースなど様々です。墓碑として用いられる樹木は一般的に大きくならない低木一般的で、サルスベリ、ウメモドキ、モミジなどが挙げられますが、植樹する地域で生育でき、生態系に悪影響を及ぼさないように配慮されます。

昔からペットなどの動物の葬送としては一般的でしたが、人間の為の樹木葬は近年になってからです。

樹木葬は形態によっては墓地となる里山を育てる効果があるとされ、自然環境の維持保全と言う社会貢献にもつながります。

ただ、里山に埋葬する場合墓標自体が分かりにくくなったり、お墓参りや掃除がしにくかったりと言った問題もあります。
また、最近ではペットを家族として埋葬する事を望む人も増え、そうしたニーズに応えたペット用の埋葬地や、ペットと共に埋葬される自然葬の合葬地も現れてきています。