散骨の種類と特徴

散骨とは、粉末状にした遺骨を海や野山などに撒くことです。


核家族化で、お墓の後継者がいない、後継者はいても遠方なので維持が困難など、お墓の問題がクローズアップされています。



「先祖代々の墓は大切に守らなければならない」という慣習にとらわれず、暗いお墓や納骨堂の中ではなく自然に還りたいと望む人が増えてきています。

livedoorニュースの最新情報を公開しています。

かつては、散骨は違法行為であるという誤解もありましたが、節度を持って行う限り、法的な問題はありません。



原形をとどめないように粉骨して、周囲に配慮して行うようにしましょう。

散骨サービスを行う葬儀社も増えていますが、次のような点に注意すれば、個人で行うことも可能です。海への散骨では、沖合に出て、人目につかない場所で行います。

また、風で飛び散るので撒かずに、紙袋等に入れたまま海に投げ入れます。

また、ひっそりと行うためにも、喪服は避け、花束や遺品などは一緒に撒かないようにします。

海外で行う人も増えていますが、国によっては法規制がある場合もありますので、事前によく確認してから行ってください。
この場合には、業者に依頼することをおすすめします。

野山への散骨では、所有者の了解が必要です。
自分の所有地や、所有者の了解をとった場合でも、人目にふれるような場所では行わないのがマナーです。

業者に依頼した場合には、証明書を発行してくれます。

個人で行った場合には証明書がありませんが、法的に必要なものではないので、問題はありません。