知っておきたい永代供養墓のメリットとデメリット

永代供養墓が急増していますが、メリットやデメリットを充分に把握した上で決める必要があります。


まず、メリットは永代にわたって供養と管理をしてくれるので、親族や子供がお墓を管理する必要がなくなります。



しかも、一般のお墓よりも墓石代などがかからないため費用を抑えることが出来ます。

日本経済新聞に有効な情報の紹介です。

そして、一式で料金を支払ってしまうことで、その後に管理費やお布施、寄付金などが一切かからないので安心です。



永代供養墓は、お寺にあるのでアクセスの良い立地条件になっていることが多くなっています。

また、屋内式の場合もあり雨風や寒暖がしのげることもあり、掃除の必要性も手間がかかりません。一方、デメリットもあることを知っておきましょう。

年間管理費がかかる場合もあることです。

事前に詳細を確認しておく必要があります。

また、永代供養墓のタイプによっては、水をかけたり、線香を焚くこと、供花が出来ない場合があります。
そして、合祀するタイプの墓の場合は、いったん遺骨を納めてしまうと、他の人の遺骨と合祀されるので後から選んで取り出すことができなくなります。

さらに、個別式の永代供養墓でも、管理しているお寺によって違いはありますが十三回忌、三十三回忌の後に合祀される場合があるので同様に後から遺骨を取り出すことが出来なくなります。
永代供養墓を選ぶ際には、ニーズを明確にしてメリットとデメリットのどちらが自分にとって大きく影響をするかを検討する必要があります。