いつまでも供養してもらえる永代供養

高齢化社会といわれる今日では、お墓にお参りに行くのも大変だという人が増えています。


また核家族化などお墓自体が近くになく距離的に供養するのが困難だという事情も珍しくありません。

あなたに合った条件で47NEWSの口コミ情報を掲載しています。

なにも管理をせずにただお墓があるだけよりも、お寺が変わって供養、お参り、管理をしてくれるのが永代供養です。



また永代供養は一人ひとり、一族や家族で埋葬されるのではなく、一般のほかの方々と一緒の納骨堂で安置されるのが通常です。



ですから他の人と一緒なのは嫌だと思う方もいるかもしれませんが、逆に一人ではなくたくさんの人と一緒に供養してもらえるのでさみしくないという考え方もできます。

永代供養と一般的なお墓の大きな違いはます墓石代がかからないという利点があります。またお墓を建てると墓地使用料が発生するのが普通ですが、それもお墓と比べると安くなりますので、経済的にも負担が少なくなります。

そしてお寺などにもよりますが、宗派などにこだわらずに供養してもらえるところが多いということも利点として挙げることができるでしょう。

現在ではお墓を建てずに海へ遺骨を巻くなどの方法もありますが、残された家族としては供養する場所があるということはよりどころになるという考え方もあります。

ただお墓を建てても維持していく親族がいない場合など永代供養で埋葬をすれば、お寺がお盆や彼岸などをはじめしっかりと管理供養してもらうことができます。
永代供養も一つの選択肢として考えてみるといいでしょう。