無宗教・自然志向の方にお勧めの樹木葬

近年は、海や山に粉砕した遺骨を撒く「散骨」を希望する人が増えていますが、これは宗教にとらわれずに地球の生命の一つとして死後に自然に還りたいという自然志向の考え方に基づいていることが多いようです。


とはいえ、たとえ故人の遺言だとしても海や山に撒いてしまうと遺骨は海や山の一部となってしまうので、元に戻すことはできません。



遺族としても命日やお盆などにお墓参りをして故人への想いを馳せたくても遠くの海や山に行くのも大変なので、せめて自分たちの生きているときには遺骨の場所はきちんとしておきたいという方も少なくないでしょう。



そうした遺族にも自然志向の故人にも受け入れやすい折衷案としてお勧めなのが、「樹木葬」という埋葬方法です。

ガジェット通信情報サイトについて考えます。

樹木葬は、墓石を立てずに自然豊かな土地に樹木を植えて墓標(墓碑)とし、その下に遺骨を埋める自然葬の埋葬方法の一つで、現在では全国的に樹木葬向けの霊園(墓地)が増えています。

樹木葬は、最初に霊園の管理者に利用料や管理費などを支払って契約することで決められた区画に遺骨を埋葬できるシステムになっており、墓石を購入して設置する費用が不要なので、一般に低コストで埋葬できます。霊園は基本的に宗教・宗派を問わず利用でき、継承者がいなくても永代にわたって埋葬され続けるので、永代供養墓にもなります。

命日やお盆などに家族で遺骨のある樹木のところに訪れて故人を偲ぶということもできるので、自然志向の方や散骨に抵抗のある遺族の方でも納得しやすい埋葬方法といえるでしょう。

なお、樹木葬では、自分で墓石の代わりとなる樹木を植樹して遺骨を埋めることができる個人墓タイプや、墓標として植えてある大きな樹木の周りに多数の遺骨を埋葬する共同墓タイプなど様々な形式があり、霊園の環境も多種多様なので、安易に契約せずに生前に多くの霊園を見学してよく話を聞いた上で慎重に検討することが大切です。